フットバスを使ってみよう

フットバスを使ってみよう

長い時間、立った状態の仕事をしていたり、長時間歩いたときは、疲れが足にきてしまいます。
そういった場合に疲れをとる方法をいくつか挙げていきます。

 

その一つとして、フットバスを紹介していきましょう。
足の血液循環を良好にすることで、痛みを緩和させることができます。
足先からくるぶしに至るまでを約40〜42度のお湯にひたしていきます。
5分程度つけておき、ぬるくなってきたら途中で温かいお湯を用意します。
太ももやふくらはぎに痛みを感じるときに効き目がある方法もあります。

 

足の場合と同じように、およそ40〜42度のお湯に膝まで入れて置きます。
こちらは15分くらい温めると最適です。
足裏に出る疲れをとりたいなら、足裏用湿布もおすすめです。
足裏に貼り眠るというだけのシンプルなものもあります。
その他、気軽に行えるマッサージも足に溜まった疲れをとる方法として、かなりの効果が望めます。

 

はじめに、椅子か床に着席します。
さらに、片方の足首を一方の足の膝に乗せていきます。
その体勢で、膝の上に乗っている足の指と、逆の手の指を組みます。
それから時間をかけて足首を回したり、足の指を反らしてみたりします。
足のマッサージに取り組む際には、お風呂に入っているときや、お風呂から上がった体の温まったときを選択すると、さらに効き目があります。

 

このときは、上から始まり下に向かうマッサージを施すのではなく、足先から太ももの付け根にかけてマッサージをするのが効果的でしょう。
逆の方向でほぐしていくと、足のむくみを引き起こしてしまう場合があります。
湯船に浸かるだけでも足の疲れをとることに繋がりますから、しっかり入浴時間を確保するようにしましょう。