タオルでスッキリ

タオルでスッキリ

長時間パソコンやゲームをしたり、細かい仕事をすると、目に疲れが出てきてしまいますよね。
その日の夜には、目疲れがとれる方法を試してみるといいでしょう。

 

目の疲れをとることが目的なら、大きく分けて二つの種類が知られています。
具体的には、温めるものと冷やすものとなります。
目がしょぼしょぼしたり、かすむようなときは、温める方になります。
濡らしたタオルを絞って、これを電子レンジで10秒を目安に温めましょう。
レンジで温めすぎると熱くなりすぎてしまってよくないので用心しましょう。

 

丁度いい温度であることを調べた上で目の上にふわっと乗せていきます。
目の周囲の血行を促すというのが目的なので、目だけでなく、鼻やおでこまで広く温めることで目疲れをとる効き目が向上します。
冷やす方法に関しては、目元に熱い感覚がある場合にぴったりです。
鏡で目を見る際、目が充血していたら冷やすといいでしょう。

 

氷を直に肌に付けてしまうと刺激を受けてしまいますので、氷水で冷やした状態のタオルを用いましょう。
さらに、ドライアイが見られる場合はドライアイでない人より目に疲れを感じやすくなっています。
ですので、ドライアイを対象とした目薬なども意識的にさすように気をつけましょう。
テレビやパソコンなど、プライベートでも頻繁に目を使っているのなら、こうした時間を短縮することも視野に入れましょう。

 

そして、画面から離れていないと、それだけ目がたくさん働くため、ちょうど良い距離感を保つといいですね。
同じ距離で何かを見続けるというのではなく、合間に窓の外のように、遠くに目を向けるのも良いでしょう。